Jun's Homapage

since 2000/03/16
Last update 2019/02/07

 

   
   What's New
2016/11/02
「PC Pr201エミュレーションユニット」v1.0公開
2010/09/10
「Easy似顔絵」v1.1公開
2010/09/02
「Easy Socks」v1.6公開
2005/07/05
  Delphi Programming
 ワンポイント更新
 
   自作ソフトウェア集
自作フリーソフトウェア等を掲載しています。
多くが非営利使用ならば、登録しないで使えます
    ソフトウェア価格表
総額表示方式が義務づけられるようになってしまったため、シェアウェアの価格はこのサイトに掲載し、公開のファイルには記載しないことと致しました。すでに公開されているものに関しましては、順次修正してまいります。
    Q&A
自作ソフトウェア回答集です。疑問がある場合はまずここをチェックして下さい。一般的な質問の回答を載せております。
   立体視をどうぞ
 ランダムな点や同じ模様の絵を使った画像で両目の物をみる角度を変化させると、その中に立体が浮かび上がるものがあります。ここでは、その立体視画像を不定期で掲載します。裸眼立体視は一見疲れそうですが、目の緊張を和らげるという研究報告もあるらしい(本当かどうかは?ですが(^_^;)一度挑戦してみて下さい。
 立体視画像はこちら
    Delphi Programming
ワンポイント
テキストデータ扱い方(1)
簡単な表示方法

 
 

 

 お知らせ

PC PR201エミュレーションユニットの検証について

 PC PR201エミュレーションユニットの製作参考および検証用に使用しておりました、NEC製PC-PR101TL(プリンター)が完全に故障状態になってしまったため廃棄処理しました。今後は、現在公開中のユニットは現在までに行ったテスト結果のみに基づいて動作確認をしていきます。
 もし、ユニットの印字動作・結果にこれまで確認されたもの以外の不具合が発見され、その影響が無視できず、修正を行うことになった場合は、くわしい印字結果のご提出をお願いする場合がございます。
 何卒、ご理解、ご了解をよろしくお願いいたします。

Windows 7,8,10への対応について

 現在、公開中のソフトウェアは特殊なソフトウェアを除き、Windows 7へ対応しております。また、そのままWindows8,10においても同様に動作するようです。
 さらに、今後順次Windows10を主な動作環境に変更して行く予定でおります。
 
 お願い

 ご質問のメールをお送り頂く場合、最低限お名前を記載して頂くなど、最低限のマナーをお守り下さい。どのように対応するか判断に迷い、そのままにしてしまうこともありますので、宜しくお願いいたします。

「緑内障自己テスト」
について
 「緑内障自己テスト」についてのお問い合せをいただきました。
 このソフトウェアによって正常か異常かを判断(診断)することはできるかというものでした。ヘルプなどにも記載してありますように、このプログラムのテストの結果で眼科医にかかることなく“自己で診断をして受診しない”ようなことがないようお願いいたします。
 このプログラムを使用して最小のサイズでテストした結果、欠損がない場合でも、緑内障の初期である可能性が無いわけではありません。もし、テストの条件にかかわらず、盲点以外に欠損箇所が見つかった場合、作者であれば眼科を受診するでしょう。
 このソフトウェアは、できるだけ早期に眼の異常を発見して眼科を受診していただく事を願い作成したものですので、くれぐれも自己判断で受診を遅らすことがないようお願いいたします。

「PC PR201エミュレーションユニット」v1.0公開(2016/11/02)

 コマンドプロンプトのPrintコマンドなどによって出力された印刷データを、Redirection Port Monitorを介して、プリンターに印刷データとして出力します。また、DOSPrintなどのソフトウェアを合わせて使用することで、PC98エミュレータからWindowsのプリンターで印刷できます。
 また、受信したデータを文字データとして保存することや、JPEG形式、ビットマップ形式の画像データとして保存することができます。
 受信するデータは、NEC PC-PR101TLに対して出力されたデータとして処理されます。

「Protect2X」 v1.1公開終了(2016/11/02)
 ProtectX及びTProtect、MakeKeyのWindows 7対応版「Protect2X及びTProtect2とMakeKey 2nd」は、Delphi2010用のプログラム保護コンポーネントと、同様の機能を有するOCX、そしてその為のキー作成用プログラムMakeKey 2ndです。
 お問い合わせは、メールにてお願いします。

「Easy Socks」v1.6公開継続(2018/08/11)
 「Easy Socks」v1.6(Win7対応版)公開を継続いたします。Arduinoやraspberry piなどのTCP通信テストにも使用することができるので、公開を継続します。 

「Easy似顔絵」v1.1公開(2010/09/10)
 「Easy似顔絵」v1.1(Win7対応版)公開いたしました。v1.1は、Delphi2010を使用して作成してWindows 7に対応しました。また、ヘルプをHTML HELPに変更してVistaのヘルプに対応しました。機能については変わりありません。

Easy似顔絵の3つの登録モードについて
 ヘルプの「使用制限等について」に記載しておりますように、使用範囲が違います。
"パーソナルモード"では、似顔絵をビットマップとして保存するような基本的な機能のみを使えます。
 "一般モード"で、画像列や9画像表示履歴の保存など、継続して使用する場合に便利な機能が使えるようになります。
 "EXモード"では、使用する部品(画像)をメンテナンスする機能などEasy似顔絵の全ての機能が使用できるようになります。

「緑内障自己テスト」 v1.1公開(2010/08/02)
 「緑内障自己テスト」 v1.1(Win7対応版)公開いたしました。v1.1は、v1.0と機能については変わりありませんが、Delphi2010を使用して作成してWindows7へ対応しております。
 緑内障による視野の欠損にはなかなか気づきにくいものです。相当進んでしまってかなりの視野がかけてしまっても目は2つあるので、かけてしまった部分を互いに補ってしまったり、幸か不幸か脳が目に入った画像をうまく”修正”してしまったりして、気づかないのです。自身も見え方に違和感があったので以前一度眼科に行って視野検査をしてもらいました。幸い検査でわかるほどの視野の欠損はありませんでした。(黄斑変性症など他の病気でも視野は欠けます。)視野は一度欠損してしまうと、今の医学では元に戻りません。
 そこで、自分自身の目の視野がどうなっているか自分でテストできないかと考えて、本ソフトウェア「緑内障自己テスト」を作成しました。フリーソフトウェア(条件を参照下さい)ですので一度お試し下さい。
 但し、くれぐれもお断りしておきますが、これはテストであって診断ではありません。診断は眼科などで行ってください。また、本ソフトウェアを使って認識できない箇所がなくても、見え方に違和感がある場合は、眼科などを受診することをお勧めします。

「立体視画像表示スクリーンセーバー」 v1.0公開(2010/07/28)
 「立体視画像表示スクリーンセーバー」v1.0(Win7対応版)公開いたしました。v1.0は、バックグラウンドでサウンドファイルを再生する機能を追加しました。Delphi2010を使用して作成してWindows7へ対応しております。
 

価格表に関して(2004/01/30)

 商品などを販売する場合に、いままでは本体価格のみを表示した状態でも販売できましたが、平成16年4月から本体価格に消費税を加算した総額表示をしなければいけなくなりました。そこでやむを得ず、シェアウェアの価格はこのサイトに掲載し、公開のファイルには記載しないことと致しました。すでに公開されているものに関しましては、順次修正してまいります。
 また、Vector等で登録手続きをして頂く場合は、当サイトの価格と異なる場合がございます。

リンクについて

 このサイトへリンクは、フリーです。
 できればメールを頂ければ幸いです


ソフトウェアに対するご意見・ご要望は

 各ソフトウェアのドキュメントに記載の連絡先にお願い致します